Smile Diary

いつも笑っていたい。

そんな私のきままな日記、北の国から発信中♪♪
OFFICE CUE、TEAM NACS大好き。映画・演劇も好きです。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    安達千夏「モルヒネ」
    0
      タイトルにひかれつい買ってしまいました。

      icon
      icon
      タイトル買いってあんまりしないんですけどねぇ。
      この本の衝撃的なタイトルにひかれてしまいました。

      在宅医療の医師・藤原真紀の前に、元恋人の倉橋克秀が7年ぶりに現れた。ピアニストとして海外留学するために姿を消した彼がなぜ? 真紀には婚約者がいたが、かつての心の傷を唯ひとり共有できた克秀の出現に、心を惑わせる。やがて、克秀は余命3か月の末期癌であることが発覚。悪化する病状に、真紀は彼の部屋を訪れた…。(本書より抜粋)

      本のオビにね「歯をくいしばって読んだ。涙が止まらなかった」ってあったから、それも買った理由の一つ。
      だけど、私がわからなさすぎるのか、一滴の涙すら出てきませんでしたたらーっ

      いい物語なんですけどね。
      なんだろう?
      真紀が抱える苦悩っていうのはすごく伝わってきました。
      だって死んでしまう男の所に行くんですから…。

      まぁ、「ありがち」と言ってしまえば「ありがち」なんですけどね。

      あ、言っておきますが純愛甘甘ラブストーリーではないです。
      純愛ストーリーにモルヒネなんて単語は出てきませんから。
      麻薬の一種とされるモルヒネですが、鎮痛効果もあるんですよね。(その分副作用はいろいろとあるらしいですが…)←にわか知識なのでここら辺は突っ込まないで下さい。

      この作家先生の表現方法は私にはちょっとわかりにくいかな…?
      私がバカだからかもしれないけど、2・3回は読まないときちんと理解出来ないかも…ひやひや

      というワケで…おすすめ度は
      ★★★☆☆
      ってトコロでしょうか。



      機会があれば是非♪

      icon
      icon
      モルヒネ 長編恋愛小説
      icon



      セブンアンドワイ
      | 朝陽 | | 20:52 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      三崎亜記「となり町戦争」
      0
        久々に本の紹介〜よつばのクローバー
        三崎亜記さんの「となり町戦争」です。


        実は先月号のダ・ヴィンチで三崎さんの最新刊「失われた町」の紹介があって、ちょっと気になっていた作家さん。
        この「となり町戦争」は三崎さんのデビュー作で、2月上旬に映画が公開される事も決まっています。

        ある日、突然にとなり町との戦争のお知らせが届く────。

        そんな“非日常”なトコロから物語はスタートします。

        だけど銃声も聞こえず、目に見える流血もなく、人々は平穏な日常を送っている。
        そんな戦争に現実感を抱けずにいた北原修路の元に町役場からある一通の任命書が届いた…。


        ここから物語が展開していくワケですね。

        だからと言ってバトルロワイアルの原作本みたいな展開にはなりません。
        なっていたら多分ココでは紹介しないです。笑
        あの本はリアルすぎてね…(^_^;)


        あくまで見えない戦争を描いている物語です。

        来月から後悔される映画もけっこう楽しみです〜るんるん
        まぁ江口さん主演ですから、どっちみち観に行こうとは思ってたんですけどねたらーっ

        映画「となり町戦争」HP
        三崎亜記の世界(Official web site)
        △リンク貼ってますかわいい



        となり町戦争


        バスジャック


        失われた町


        | 朝陽 | | 20:22 | comments(8) | trackbacks(3) | - | - |
        浅田次郎「地下鉄(メトロ)に乗って」
        0
          この間(って言ってもだいぶ前だけど…)、公開された映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の原作本を読みました。
          映画を観に行ってなかったので、原作は読まなくてもいいかな〜と思っていたのですが、友人が貸してくれました。

          正直一度読んだだけでは面白さがわかりませんでした。(ごめんね、折角貸してくれたのに…[:がく〜:])
          でも、物語の後半、アムールが小沼佐吉だって真次が気付いた辺りから、とっても面白くなって最後まで読んでからもう一度読み返しました。

          多分映画とだいぶ違いますよね??
          だってこの本を映画にするのとっても難しいような気がしましたから…。
          レンタルになったら見てみようかな〜。

          真次の恋人のみち子の選んだ道は正しいのかはわからないけど、一生懸命に真次を愛した結果なんだろうね。
          現代に戻った後にとった真次の行動は本では一切書かれていませんが、真次はちょっとだけ人に優しくなれたんじゃないでしょうか。(みち子を失った悲しみは大きいかもしれないけど…)

          浅田次郎さんの作品は初めて読んだけど、とってもいい作品でしたねるんるん



          地下鉄(メトロ)に乗って





          | 朝陽 | | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          福山雅治写真集「f5.6のハロー1/125のサヨナラ」
          0
            この間発売された福山雅治さんの写真集です。

            (大きさがわかる様に隣にタバコを置いてみました。見てわかる様にけっこうサイズの大きな本です)

            旅の風景写真や出会った人々の人物写真、セルフポートレート、影…。
            モノクローム約120点の写真を収録しています。

            福山さんが撮った写真なので、当たり前ですが福山さんは写っていません。
            福山さんが見たい方はこの写真集は買わない方がいいですよ。
            120枚以上ある中で、福山さんは写っているのは10枚くらいです。
            しかも被写体としての福山さんじゃなくて、カメラを構える福山さんですから…。

            どれもこれもいい写真ばかりです。あったかいです。ちょっと涙が出ました。
            私はとっても好きな写真ですね。

            そして写真の合間にちょっとずつですが、福山さん本人のメッセージが書かれています。

            人は非日常を体感するために旅をする。
            僕にとって、旅は日頃封印されている日常だったりもする。
            日常的だからこその出逢いを求めて旅に出る。


            この言葉を読んで、旅に出たいと思った私でしたわーい



            icon
            icon
            f5.6のハロー1/125のサヨナラ
            icon




            | 朝陽 | | 20:32 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>
            + PR
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + RECENT TRACKBACK
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE