Smile Diary

いつも笑っていたい。

そんな私のきままな日記、北の国から発信中♪♪
OFFICE CUE、TEAM NACS大好き。映画・演劇も好きです。
<< 「Mayu -ココロの星-」情報up | main | 水曜どうでしょうで違法行為 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」
    0
      今日は私の読んだ本を紹介します☆

      アヒルと鴨のコインロッカー
      伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」です。
      友人から借りて、あっという間に読みました。
      最初は「何だ?この長いタイトルは?」と思いましたよー。
      しかも意味不明だしね。

      《あらすじ》
      大学入試のために引越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の青年。
      初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。
      標的は──たった一冊の広辞苑。
      僕は訪問販売の口車に乗せられ、危うく数十万円の教材を買いそうになった実績を持っているが、書店強盗は訪問販売とは訳が違う。
      しかし決行の夜、あろうことか僕はモデルガンを持って、書店の裏口に立ってしまったのだ!


      伊坂さんの特徴かもしれないけど、時間軸が次々とズレていくんですよねー。
      過去に戻ったり、現在に戻ったり、また過去に戻ったり…。
      最初は頭が混乱して、ついていくのがやっとでした。
      だけどひとりひとりのキャラクターがハッキりしてくると、どんどんハマる!!

      とこんな風に伊坂ワールドにどっぷりと肩まで浸かってしまった私。
      そんな私が次に買った本もまた伊坂さんの本。

      チルドレン
      「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。
      コレもとっても良かったです!

      で、最後に紹介するのがコチラ♪

      死神の精度
      これは映画化が決まっていて、金城武さんが日本映画では6年ぶりに主演するそうです。
      ミュージックをこよなく愛する死神が死の判定対象となる人間と7日間を共にし、死か生かの判定をする、というユニークな設定で展開されるファンタジー。
      2008年の春に公開予定です。
      これも観たいなぁ。

      あ、そうそう。
      今日「アヒルと鴨のコインロッカー」を観てきましたー。
      感想はココです。

      もうこんな時間なので皆さんの所には明日巡回(笑)しまーす♪
      | 朝陽 | | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 00:23 | - | - | - | - |









        http://willful-diary.jugem.jp/trackback/341
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE